SFC取得後

インド旅行記⑤ 3日目 ブッダガヤからバラナシ(ベナレス)へ車移動

投稿日:2019年9月10日 更新日:

この日は、車でブッダガヤからバラナシ(ベナレス・ヴァーラーナシー・ワーラーナシーともいうらしい)へ移動する日。

距離にして500kmぐらいかな。

朝9時にブッダガヤのホテルを出発ということで、ホテル前でタバコを吸っていたら、物乞いの皆様が集まってきました。折角なので、愛煙しているメビウス・プレミアムメンソール・1ミリ・ロングのタバコを勧めましたが、皆様いらないようで少し悲しくなりました。

皆様、物乞いの方が来ましたらタバコをどうぞといって、タバコを差し出してみたらいかがでしょう。少なからずブッダガヤでは人が去っていきました。

一方で一緒に旅をしている私の父親は66歳で、元高校教師であり、よく聞く宗派の僧籍をもつお坊さん。物乞いの人の年齢を聞いては、年下の人であればWork!!と仰られるのでした。

結果的にインド旅行中に、物乞いの方の中に父親よりも年上の方はいらっしゃいませんでした。少し残念。父親よりも年上の人がいた場合の父親の行動が私的には気になっていたからです。

ということで、バラナシへ向けて出発。

インドって面白いですね。みんながみんな好きな方向に走ってます。

対向車線とかも関係なし。バイクで3人乗りしている人がいれば、バスの上に乗っている人までいまして、面白いですね。

高速道路まで50分ぐらい走っている間に、主に置き石や牛ですが、いろんな障害物やってきては彼方に消えていき、走っていて楽しいです。

あと、クラクションが多いこと。車が通ればプー。自分が進むならプーと、挨拶みたいなものだと思いました。正確には自分の位置を知らせるための用途としてクラクションを鳴らしているみたいです。

ブッダガヤから30分ぐらい走った際にすごく大きな変電所が目に入ってきました。

これがすごいの。遠くまで電線が繋がっているのがよく見えるのです。地平線に消えていく送電線類は圧巻でした。


んで、Dobhiから19号線に乗りました。ガイドさんいわく、この道は日本が作ったそうでカルカッタとニューデリーを結んでいる道路だそうです。

こんなところまで日本の技術が、すごいですね。

でも、この高速道路めっちゃカオス。

私達の乗る車は高速道路の流れを逆走して走っていき、中央分離帯を越えて流れに沿って走っていきました。人生初めての高速道路逆走はスリリングでした。

お昼近くになり、ドライバーが案内する場所で食事をとることに。

食事をとったところをGoogleMapで探していたら、ありました。ここです。

相も変わらずカレーを頼んで食べたのですが、インド人が現地のカレーを食べるところを見たことがなかったので、驚きました。青唐辛子を追加で頼んで、辛いカレーにプラスして青唐辛子をかじりながら食べてるではないですか。私も挑戦して青唐辛子をかじりながらカレーを食べました。これが辛くてうまい。んで、ナンでカレーを食べ、足りなければ米でカレーを食べるんですね。ありがとう!ドライバーさん。いいものが見れた。

そして、食後の一服をしていると、レストランの駐車場の入口に凄い人だかりが、50人ぐらいいたでしょうか。ドライバーさんいわくインドの南部の人の団体で、合コンパーティを行っていたようです。

これまた、いいものが見れました。レストランに入らずレストランの駐車場の入口でシートを敷いて、合コンパーティとは恐れ入りました。

そして、再度車に乗って走ります。

ちなみにこれが高速道路です。

相変わらずインドってすごいですね。ノーヘル、3人乗りは当たり前。最大5人乗りのバイクまで見ました。

途中インパールを抜けたのですが、地名からインパール作戦(どういう作戦かは覚えていませんが)という日本軍の作戦の名前を思い出し、

第二次世界大戦中の日本軍がこんな灼熱の場所で、戦っていたのかと思うと少し悲しくなりました。

 

ということで、車はさらに走りガンジス川を越えてバラナシの街に入ります。

ガンジス川

ガンジス川にかかる橋を渡ります。ドライバーさんによると今は乾季と雨期の中間で水が少ないけれども、

雨期には橋のすぐ下まで水が来るそうです。

ということでバラナシに入ってホテルへ直行いたしました。

インド旅行記⑥に続く

スポンサーへのリンク



スポンサーへのリンク



-SFC取得後

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

エアインディアのプレミアムエコノミー

インド旅行記③ 2日目 その1 デリーからブッダガヤ観光へ

今日はガヤ(Gaya)へ向かい、仏陀が生前過ごしていた場所を観光します。 ホテルの前を少し散策し空港へ向かいます。 写真は朝のニューデリー市内です。 これまた、日本にて予約をしておいた送迎車にてデリー …

中華航空ラウンジ内

インド旅行記① 航空会社のラウンジ利用 出発まで

午前3時に自宅を出発し7時に成田空港第2ターミナルビルに到着。 エア・インディアにてデリーに向かいます。 まずは、チェックインカウンターが開くまでカードラウンジに入り私の場合はアメックスゴールドのため …

バラナシのガート

インド旅行記⑥ 3日目 バラナシ(ベナレス)観光

ブッダガヤから車でバラナシに向かい、ホテルについて、ボーイさんにチップを払い例のごとく、灰皿とマッチを用意してもらい喫煙室に変更してもらいました。 ここ、バラナシは、ヒンズー教徒の聖地。夕方からお祈り …

大菩薩寺

インド旅行記④ 2日目 ブッダガヤ観光その2

スジャータ村にあるストゥーパから、ブッダガヤの大菩提寺(だいぼだいじ)別名マハーボディー寺院に移動。   この寺院は、ブッダが仏教を開いた場所で、仏教はじまりの地。 いわゆる仏教の聖地でござ …

エアインディアのスナック

インド旅行記② 1日目 成田からデリー

以前の記事を見たい場合は以下へ飛んでください。 インド旅行記 1日目 出発まで 飛行機に乗り込みインドへ向かいます。もちろんエコノミーです。 飛行機はエアインディア B787 シートは21C 機内に入 …

スポンサーへのリンク

プロフィール



はじめまして、「くろすけ」と申します。
1980年に栃木県で生まれ、栃木育ち。
神奈川県の大学へ進学し、東京でシステムエンジニアになり、約10年前に栃木に帰郷。
現在、栃木県の北側に在住でシステムエンジニアをしている会社員です。この度、SFCが欲しくて、2019年に修行することにしました。(2019年3月末に解脱)。よろしくお願いいたします。